「終活」『終活ハンドブック』の書評

最近「終活」ということばをよく目にします。人間はいつか死ぬものですし、自分もその一人です。

自分の死後遺された家族に迷惑をかけず、きれいに人生を終えたいと思う人に終活のブームは広がっています。しかし実際に終活しようと思っても何をどうすればよいのかわからないといった人にお勧めなのがこの本なのです。

「ハンドブック」とあるだけに、具体的な事柄がわかりやすく丁寧に説明されています。ですから自分の終活にとどまらず、家族の終活を考える上でもとても役に立つ一冊なのです。死なんて考えたくないという人もぜひ一度この本を手にとってもらいたいと思います。

書評を一言でまとめるなら、避けられないものと向き合う気持ちが固まってくる本だということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. 遺族を困らせない遺言書というのは具体的に、何を誰にどのような理由で相続させるということを明確に書いて…
  2. 遺品整理はどうするか
    遺品整理のポイントは大きく二つに区分されます。一つはその遺品の持つ経済的な価値の問題、もう一つは経済…
  3. お墓は必要か否か
    近年ではお墓を守っていくことが自分の子孫に大きな責任を負わせるようで大変だからとか、あるいは独身で家…

関連リンク

  • 飲食業界 アプリ

    「お店のアプリを作りたいけど時間がかかりそう…」そう諦めようとしていませんか?店舗アプリなら、発注後20日程度でアプリが利用可能になります。さらに操作方法や効果的な活用法の説明までしてくれるので、アプリの操作に詳しくない方も安心ですよ。

    tenpoapp.com/

PAGE TOP