遺族を困らせない遺言書の書き方

遺族を困らせない遺言書というのは具体的に、何を誰にどのような理由で相続させるということを明確に書いてある遺言書です。

相続については法律で相続人の順位や割合が決められているので、残された財産の負債も含めての資産総額を基に計算されるのが原則ですが、この法定の相続と相違して相続させたい場合や特にゆかりのある人に残したいものがある場合にはそのことを明記しておかなければなりません。

さもないと、遺志が遺族に伝わらなかったり、遺族の理解が得られなくて辛い想いをする人が出てくる可能性もあります。

1筆ごとの土地、1棟ごとの建築物、預貯金や株式などの金融資産のそれぞれについて残し、又、思わぬところから債務の返済を迫られて遺族が困ることのないように負債の有無やあればその内容もきちんと残しておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. ペットの終活について
    ペットの終活と聞いても、まだ多くの方がどのようなことなのかピンとくることは少ないのではないでしょうか…
  2. 遺族を困らせない遺言書というのは具体的に、何を誰にどのような理由で相続させるということを明確に書いて…
  3. 遺品整理はどうするか
    遺品整理のポイントは大きく二つに区分されます。一つはその遺品の持つ経済的な価値の問題、もう一つは経済…

関連リンク

  • 除菌水

    除菌水のフリーキラなら花粉症やインフルエンザ予防に大変効果的です!また、飲めるほど安全なので、赤ちゃんにも安心です。ぜひ一度当サイトまでお越しください。

    www.freekira-shop.com/

PAGE TOP