「終活」アジアの棺桶事情

現在終活などでお葬式や仏壇、あるいは相続のことなど、色々なことを調べているといった人もいるのではないかと思います。

ここでは趣向を変えて、日本以外のアジアの国々のお葬式や棺桶事情などをお伝えします。まずはお隣韓国です。韓国には仏教徒も多く、日本のお葬式のスタイルと似たところもあります。

その際の棺桶は、お花などで豪華に飾られ、墓地へと向かうというのが一般的なようです。次に中国です。中国のお葬式はとにかく派手に行われるというのが特徴です。多くの参列者が参加して故人を盛大に送ることが弔いになるという考え方です。そのような傾向は棺桶にも表れていて、装飾の多いものなどのきらびやかなものが好まれるようです。

このようにして考え方は色々ありますが、棺桶にもこだわり、故人をしのぶということは万国共通のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. お墓は必要か否か
    近年ではお墓を守っていくことが自分の子孫に大きな責任を負わせるようで大変だからとか、あるいは独身で家…
  2. アルバム整理はどうすれば良いか
    故人のアルバム整理は親しかった場合ほどどうすれば良いか悩みがちです。故人の思い出の品としてとっておき…
  3. ペットの終活について
    ペットの終活と聞いても、まだ多くの方がどのようなことなのかピンとくることは少ないのではないでしょうか…
PAGE TOP