「終活」棺桶の維持費

今回は終活の棺桶の維持費についてご紹介いたします。

終活と聞きますと、人生の終わりが近づき身辺整理だったりエンディングノートを用意したりと人によって様々です。

しかし、最近では終わりではなくこれから生きるための大切な一歩なのだと謳っております。終活フェアなんていうイベントも各地で開催しており、より身近になったなと感じております。終活フェアでは棺桶に入る入棺体験もしており、死を疑似体験でき生を見つめなおすきっかけにもなります。また、棺桶は生前でも購入できるようです。折り畳みのものも売っているようで維持費はそんなに掛からない様です。

最後まで自分らしく生きるために、死から目を背けず限りのある時間を大切に過ごすことが重要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. 遺品整理はどうするか
    遺品整理のポイントは大きく二つに区分されます。一つはその遺品の持つ経済的な価値の問題、もう一つは経済…
  2. アルバム整理はどうすれば良いか
    故人のアルバム整理は親しかった場合ほどどうすれば良いか悩みがちです。故人の思い出の品としてとっておき…
  3. お墓は必要か否か
    近年ではお墓を守っていくことが自分の子孫に大きな責任を負わせるようで大変だからとか、あるいは独身で家…
PAGE TOP