「終活」棺桶はいるかどうか

終活において、自身の入るお墓を用意しておくことは重要です。

その問題以前に、葬儀の際に入ることになるであろう棺桶はいるかどうかという問題があります。お墓同様、棺桶の用意にも費用はかかりますから、子どもや残される人を思って必要ないと考える方もいるかもしれません。

日本では棺桶に入っていないご遺体は火葬しないという決まりにもなっていないため、入る入らないは自由だと考えられます。しかし、日本の風習上は大方使って行われますので、葬儀の手続きのうえでも棺桶を用意した方が無難です。費用の心配についてもピンキリですので、安い棺桶でも高価なものと遜色ないものを手に入れることも出来ます。

いるかどうかは、慎重に見極めなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. 遺品整理はどうするか
    遺品整理のポイントは大きく二つに区分されます。一つはその遺品の持つ経済的な価値の問題、もう一つは経済…
  2. お墓は必要か否か
    近年ではお墓を守っていくことが自分の子孫に大きな責任を負わせるようで大変だからとか、あるいは独身で家…
  3. ネットサービスの管理について
    ネットサービスについては便利なことが多いため、いつの間にかいくつものサービスを利用することになってい…

関連リンク

  • 屋根工事

    屋根工事をぜひトモケンでご依頼ください!地震や大雨による災害では、外壁よりも屋根の損傷が生活に大きく関係します。トモケンでは定期的な屋根のメンテナンスをおすすめしています。

    www.tomoken-kumamoto.jp/

PAGE TOP