「終活」棺桶の種類

人が亡くなると、身体をよく洗い、死化粧が施された上で棺桶に入れられますが、この棺桶には様々な種類があります。

例えば、棺桶は素材で種類分けをすることができます。現在日本では、材料の入手と加工が簡単にでき、法令や地域の慣習が理由となって死者を火葬するケースが多いことから、桐や檜などといった木でつくられた木棺が最もよく用いられていますが、この他にも石でできた石棺や、粘土で形作ったあと高温で焼いて完成させる陶棺などがあります。

一方、木棺は加工方法でも種類分けをすることができます。かつては完成棺とよばれる組み立てが完了した状態で納品されることが多かったですが、近年は保管にスペースを取る必要がなく、素人でも用意に形作ることができる組立式の棺が用いられるケースが増えてきています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. 遺族を困らせない遺言書というのは具体的に、何を誰にどのような理由で相続させるということを明確に書いて…
  2. お墓は必要か否か
    近年ではお墓を守っていくことが自分の子孫に大きな責任を負わせるようで大変だからとか、あるいは独身で家…
  3. 遺品整理はどうするか
    遺品整理のポイントは大きく二つに区分されます。一つはその遺品の持つ経済的な価値の問題、もう一つは経済…
PAGE TOP