「終活」棺桶の選び方

棺桶の選び方は色々ありますが、価格は素材によって大きく異なります。最も高く設定されているのが、天然木を使用したものです。

檜や桐などがあり、最高級品とされている檜の無垢材で作られたものは100万円以上するものもあります。比較的手頃な価格のものとしては、2枚のベニヤ材の間に芯材を入れ張り合わせたフラッシュ棺と呼ばれるものです。

桐の薄い板が使用される事が多く、約5万円からと手頃な価格です。フラッシュ棺の表面に装飾を施した布貼り棺は使用する布やデザインによって異なりますが、約7万円ほどです。

棺のランクは様々ありますので、気になるという場合には、見積もりを依頼するとともにどのようなものであるのかも確認をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. お墓は必要か否か
    近年ではお墓を守っていくことが自分の子孫に大きな責任を負わせるようで大変だからとか、あるいは独身で家…
  2. 遺品整理はどうするか
    遺品整理のポイントは大きく二つに区分されます。一つはその遺品の持つ経済的な価値の問題、もう一つは経済…
  3. アルバム整理はどうすれば良いか
    故人のアルバム整理は親しかった場合ほどどうすれば良いか悩みがちです。故人の思い出の品としてとっておき…

関連リンク

  • 熊本大分 高価買取

    熊本・大分で骨董品の買取業者をお探しですか?「ギャラリーとんぼ」には専門のスタッフがいるので、様々なジャンルの骨董・古美術品を無料で出張査定してもらう事が出来ますよ☆気になる方は、是非こちらからチェックしてみて下さい!

    www.gallery-tonbo.com/

PAGE TOP