「終活」エンディングノートの法的効果

終活の普及に伴ってエンディングノートを残す人も増えていますが、気になるのがこれに法的効果があるのかどうかということでしょう。

結論から言えば、エンディングノートに法的効果はありません。

ですので、財産分与や相続などの希望を書き記していても、遺族が納得できなければその希望が実行されるわけではないのです。もしも、そうした面での希望があるのであれば法的効力のある遺言書を作成したほうがよいといえます。エンディングノートは、家族への思いを伝えたり、家族に迷惑や負担をかけないようにするための準備の一つとして考えておくとよいでしょう。

またエンディングノートを書いていくことで、自分の今までの人生を振り返って、残りの人生を充実させていくきっかけともなるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. 遺族を困らせない遺言書というのは具体的に、何を誰にどのような理由で相続させるということを明確に書いて…
  2. 遺品整理はどうするか
    遺品整理のポイントは大きく二つに区分されます。一つはその遺品の持つ経済的な価値の問題、もう一つは経済…
  3. ペットの終活について
    ペットの終活と聞いても、まだ多くの方がどのようなことなのかピンとくることは少ないのではないでしょうか…

関連リンク

  • 老人ホーム

    老人ホームをお探しでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。全国の老人ホームを掲載しています。通常の検索エンジンでは老人ホーム以外の情報も出てきてしまいます。求めている老人ホームを当サイトで見つけてください。

    www.roujin-homes.jp/

PAGE TOP