「終活」エンディングノートに特化したノートはどれか

シュウカツといえば就職活動の省略でしたが、最近では自ら人生の終わりをプロデュースする終活という言葉も広く認知されています。

日本人は男女ともに世界有数の平均寿命を誇る長寿社会なので、この言葉は日本ならではということもできます。

相続財産の分配など、法的な拘束力を持つためには公正証書にしたり、未開封のまま裁判所に検認を受けるなどの規則があるので、エンディングノートは遺言そのものの役割ではなく、遺言を補完するノートとして準備します。エンディングノートが役割を果たすときは自分自身は他界していることになるので、訃報を知らせる範囲や保険契約などの手続きについて遺族が困ることがないように記しておきます。

そのときには自分はもういないので、記載項目があらかじめ決められた、エンディングノートに特化したものを使うのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. ペットの終活について
    ペットの終活と聞いても、まだ多くの方がどのようなことなのかピンとくることは少ないのではないでしょうか…
  2. お墓は必要か否か
    近年ではお墓を守っていくことが自分の子孫に大きな責任を負わせるようで大変だからとか、あるいは独身で家…
  3. ネットサービスの管理について
    ネットサービスについては便利なことが多いため、いつの間にかいくつものサービスを利用することになってい…

関連リンク

  • ふくろうのカーテン

    「ふくろうのカーテン」はカーテンの中でも遮光カーテンに特化したショッピングサイトです。遮光カーテンの品揃えの良さはもちろん、遮光カーテンの選び方やメリットデメリットまで教えてくれるとても親切なサイトです。

    www.curtain-fukuro.jp/

PAGE TOP