「終活」お墓はいつから作ればいいか

先祖伝来のお墓があって自分が死んだらそこへ入ると決まっている方であれば悩むことではありませんが、自分が入るお墓がない場合には終活の中でいつから作れば良いのかと考える方もいることでしょう。

以前は生きている内にお墓のことを考えたり用意したりするのは、あまり縁起の良いものではないと考えられている方も多いものでした。

しかし少子高齢化の現代においては従来のようなお墓を維持していくのは難しく、やはり現代風に考えて自分が元気な内に用意するのがベストのようです。

そこでまずは自分が自由に動ける間にどんなところに埋葬して欲しいか、どのような方法を希望しているのかをはっきりさせて将来の用意をするのが一番だと考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. アルバム整理はどうすれば良いか
    故人のアルバム整理は親しかった場合ほどどうすれば良いか悩みがちです。故人の思い出の品としてとっておき…
  2. 遺族を困らせない遺言書というのは具体的に、何を誰にどのような理由で相続させるということを明確に書いて…
  3. ネットサービスの管理について
    ネットサービスについては便利なことが多いため、いつの間にかいくつものサービスを利用することになってい…
PAGE TOP