「終活」棺桶を置く向きについて

棺桶を置く向きはどちらか、というとよくわからない人がほとんどですが、遺体の頭はどちらに向けるか、と言われると「北向き(北枕)」と多くの人が答えられます。

これは仏教で、お釈迦様が入滅(死亡)したとき、「頭北西面」つまり頭が北向きで顔が西(西方浄土の方角)向きに寝ていたという言い伝えから、お釈迦様にあやかって慣習化されました。

また、葬儀場などの関係で遺体を南北方向へ寝かせるのが難しい場合は、頭は西向きにします。これは、西方浄土に足を向けてはいけないためといわれています。キリスト教の場合も、日本で葬儀が行われる際は、日本人の慣習に合わせ、頭を北向きに寝かせる事が多いようです。

この事から、棺桶を置く向きは北向き(または西向き)にするのが一般的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. お墓は必要か否か
    近年ではお墓を守っていくことが自分の子孫に大きな責任を負わせるようで大変だからとか、あるいは独身で家…
  2. 遺族を困らせない遺言書というのは具体的に、何を誰にどのような理由で相続させるということを明確に書いて…
  3. アルバム整理はどうすれば良いか
    故人のアルバム整理は親しかった場合ほどどうすれば良いか悩みがちです。故人の思い出の品としてとっておき…

関連リンク

  • 赤帽トップ運送

    リーズナブルで質のいい引っ越し業者をお探しなら赤帽トップ運送がオススメです。状況や時間にあったサービスを提供し、急な引越しや 費用削減のためにこれだけやってもらいたい、夜間に運びたいという要望にも柔軟に対応しています。

    www.akabou-top.com/

PAGE TOP