「終活」エンディングノートのメリット

エンディングノートとは、病気や死など自分にもしものことがあったときに備え、伝えたいことをまとめておくノートのことをいいます。

感謝など感情的なメッセージだけではなく、個人情報や金銭のことも書いておくことがほとんどです。エンディングノートを書くメリットは、いくつかあります。

まず、難しい知識を必要とせず、誰にでもすぐに始められる点です。また、日頃伝えにくい、家族への思いを言葉にできるという点もあります。そして、認知症や介護、葬儀など、もしものときに事前にその対策をとっていれば、家族への負担も減らすことができます。さらに自分の所有する財産を記入しておけば、資産状況を把握でき、家族の相続手続の負担を軽減できるというメリットもあります。

しかし一番のメリットは、今を大切に生きることができるという点です。自分が亡くなった後の不安がすべてなくなれば、これからどう生きたいかをじっくり考えることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ記事

  1. 遺族を困らせない遺言書というのは具体的に、何を誰にどのような理由で相続させるということを明確に書いて…
  2. お墓は必要か否か
    近年ではお墓を守っていくことが自分の子孫に大きな責任を負わせるようで大変だからとか、あるいは独身で家…
  3. ペットの終活について
    ペットの終活と聞いても、まだ多くの方がどのようなことなのかピンとくることは少ないのではないでしょうか…

関連リンク

  • 練馬 幼稚園

    練馬の幼稚園をお探しでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。一日の始まりはあいさつから。当たり前のことが大切です。知を育み徳を得て誠実に。是非一度当サイトまでお越しください。

    www.mizuho.ac.jp/

PAGE TOP